教育豆知識

Scroll

《代表コラム7》運動がもたらす効果と重要性

2020.04.12

子どものころから運動習慣が身につき、日常的に体を動かすことで、どんな”効果„があるのでしょうか。
日常的に体を動かし、運動不足が解消されると
生死に直結する《生活習慣病》の予防や慢性的な《体内の炎症》を抑えることにつながります。
一方、運動不足が進み、生活習慣が乱れることにより、様々な”疾病„を引き起こす元となります。
つまり、運動習慣を形成することで健康になり、子どもたちが大きくなった時に、なりたい自分に近づくことができるのです。

そんな素晴らしい効果がある運動も、「好き」でないと続けることができません。
運動が好きでなければ、一歩外に出て体を動かすことも
時折仲間とスポーツを楽しむことも、少し億劫に感じてしまうでしょう。

だからこそ、幼少期からたくさん体を動かし
「体を動かすことは楽しいな!」「思いっきり動くとスッキリするな!」といった
プラスの感情を感じていることが大切な要素になります。

運動を継続することによって、技能が向上するだけでなく
人生を生きていく上での基盤となる、大きな力が身につきそうですね。
子どもたちが自ら運動を楽しみ、健康に過ごせる環境を創っていきましょう!

代表 伊藤一哉

0940-38-4123

見学・無料体験
募集中