教育豆知識

Scroll

《代表コラム5》自身のある子とない子の違い ③

2020.06.14

こうした自信を身につけるためには、「できた!」というその子ども自身の気づきが必要です。
自分でやってみて、やれた!という感覚をつけることイコール、自信につながります。
お父さんやお母さん、学校の先生、私たちのような教室の指導員(習い事の先生)から褒められることで自信をつける子どももたくさんいます。
そのきっかけとなりやすい”運動”を経験することはとても大切です!

代表 伊藤一哉

0940-38-4123

見学・無料体験募集中