教育豆知識

Scroll

《代表コラム28》シンプルに考えることで、間違いがなくなる

2020.09.06

前回、前々回のコラムで《スイミングをやっていれば運動は大丈夫というのは間違いです》ということをお伝えしました。
では、運動において他の種目の例を見てみましょう。
●サッカーがうまくなりたいのに野球の練習をしている。
●足が速くなりたいのに、泳ぐ練習をしている。
上記の例を聞いたときに誰もが「それは関係ないでしょ」と答えるはずです。
共通しているのは体を動かすという事実だけで
どう体を動かすのかという観点が抜けると間違いが起きてしまいます。

他の物事に置き換えるともっとわかりやすいです。
●国語の点数をあげたいのに、算数を勉強している。
●社会が苦手なのに、理科の勉強をしている。
勉強をするということだけ共通で「なにを」という観点が抜けるとおかしなことになります。
上記の例は少し極端に書いてみましたが
《そんなに都合のいいことはおこらない》ということは
皆様もこれまで生きてきた中で感じているのではないでしょうか。

だから、《スイミングで運動は大丈夫ということはあり得ません。》
これさえしていれば大丈夫という万能のものは存在せず
”目的や好きなこと、想いに応じて、考え、選択し、地道に積み重ねていくしかありません。„
そんな考えのもと、子どもたちのことも一緒に考えてあげれば
よりよい未来につながっていくのではないでしょうか。

代表 伊藤一哉

0940-38-4123

見学・無料体験
募集中